日語‎ > ‎短文‎ > ‎

ゴールデンウイーク

「風薫る五月」といわれるように、
この時期、
野山は新緑に包まれ、
爽やかな五月晴れ迎える。
四月下旬から
五月上旬にかけて
休日が続いているため、
ゴールデンウイークと呼ばれている。
この休みを利用して、
国内旅行や海外旅行をする人もたくさんいる。



@@@@@@@


拝啓 新緑の候、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、心から感謝致しております。

さて(本文)

つきましては【本文)

末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。
先ずは略儀ながら書中にてお知らせいたします。
敬具

ゴールデンウィーク
または
ゴールデンウイーク
(和製英語: Golden Week, GW)
とは、
日本では
毎年4月末から
5月初めにかけての休日が
多い期間のこと。
(春の)大型連休
(おおがたれんきゅう)、
黄金週間(
おうごんしゅうかん)
とも
いう。

1948年の国民の祝日に関する
法律施行により
4月29日から5月5日までの
期間に休日・祝日が集中し、
この期間
(平日や土曜日も含む)が
ゴールデンウィーク
呼ばれるようになった。
直前・直後に
土曜日・日曜日・振替休日がある場合、
それらを含めて呼ぶことも多い。
この期間は、
4月29日(昭和の日[注釈 1])・
5月3日(憲法記念日)・
5月4日(みどりの日[注釈 2])・
5月5日(こどもの日)が
国民の祝日[注釈 3]である。
5月1日が
メーデーのため
「5月1日に、国際的に行われる労働者の祭典。」
  メーデーのデモ行進。/五一节游行。
休日になる会社(従業員)も
少なくないことから、
間の平日を休みにすることで
長期連休にしやすい。

以前は
休日が飛び飛びになることが多かったことから
「飛石連休」という言い方がされた[注釈 4]。
1985年(昭和60年)の
「国民の祝日に関する法律」
(以下「祝日法」という。)の
改正で
5月4日が日曜日や振替休日でなくても
「国民の休日」になってからは、
この言い回しは少なくなった。

2005年(平成17年)に
行われた祝日法の改正により、
休日の名称および振替休日の規定が
変更されたため、
憲法記念日や
みどりの日が
日曜日と重なった場合、
「こどもの日」の翌日が
振替休日になり、
その分
ゴールデンウィークが延びることとなり、
5月4日が
日曜日となる2008年(平成20年)に
最初に適用され、
振替休日が
初めて月曜日以外の火曜日となった。
続く
2009年(平成21年)も
振替休日が初めて水曜日となった。

「ゴールデンウィーク」の名称は、
映画会社の大映が
松竹と競作して
1951年(昭和26年)に
同時上映となった
獅子文六原作の『自由学校』が
大映創設以来(当時)最高の売上を記録[2]。
正月映画やお盆映画以上の興行成績を残し[3]、
この時期に
観客を多数動員し活性化することを目的として、
当時の大映常務取締役であった松山英夫によって
作成された宣伝用語である[3][4]、
和製英語である。
1952年(昭和27年) - 1953年(昭和28年)頃から
一般にも使用されるようになり[4]、
他の業界にも広まった。
同時に
大映は続いて
秋の文化の日を中心とした期間を
「シルバーウィーク」と名付けたが、
当時こちらは定着しなかった[3][4]。
Comments