日語‎ > ‎國際‎ > ‎

米大統領選 池上彰氏は「オクトーバー・サプライズ」に注目

11月3日に行われるアメリカ大統領選挙。
トランプ大統領が再選を果たすか、
あるいはバイデン候補が
勝利して
民主党が政権を取り戻すのか。
黒人差別問題が
争点のひとつになる中、
ジャーナリストの池上彰氏は
「オクトーバー・サプライズ」にも
注目しているという。

【写真】くっきりした紺と白のストライプシャツに厚い生地のジャケットを羽織った池上彰氏

 * * *
 今年、アメリカで「Black Lives Matter」の運動が盛り上がりました。ブラック・ライブズ・マターは、「黒人の命も大切だ」「黒人の命こそ大切だ」などと訳されます。

 このニュースを見て、「アメリカはいまもこんなに黒人差別が残っているのか」と驚いた人も多いと思います。日本の中学校の英語の教科書には、黒人差別撤廃運動(公民権運動ともいいます)に取り組んだキング牧師の「私には夢がある」の演説の一部が掲載されています。この英文を読むことで、黒人差別と戦った人たちの歴史を知ることができますが、その後、アメリカに黒人のオバマ大統領が誕生したことで、差別はずいぶんなくなったと思っていたのではないでしょうか。

 そんなことはなかったのですね。黒人の大統領が誕生するまでにはなりましたが、それは一部の話。黒人の間でも一部のエリートと多数の低所得階層に分断されています。

 オバマ大統領についても、父親はケニア人留学生、母親は白人で、「黒人奴隷の子孫ではない」から、つまり「黒人でありすぎない」からこそ広く支持を勝ち得たという見方もあります。

 2020年に始まった新型コロナウイルス感染症の拡大によって、アメリカでも大勢の犠牲者が出ましたが、とりわけ黒人層に犠牲者が集中しています。ウイルスは全人類を平等に襲いますが、防いだり治療したりという対策では格差が出るのです。

 今回の感染拡大で、アメリカでは「エッセンシャル・ワーカー」という言葉が広がりました。「欠かすことのできない仕事をしている労働者」という意味です。

 医療従事者はもちろんですが、清掃や廃棄物処理などの仕事をしている人たちです。こういう仕事は、在宅勤務に切り替えることができません。黒人たちは、こうした仕事についている人が多く、公共交通機関で出勤します。労働現場も苛酷な環境が多く、感染しやすかったのです。感染してもすぐに医療機関にかかれる状況にない人もいて、重症化してから救急車で運び込まれ、手遅れになった人たちも多かったのです。

そんな状況が続いてきたからこそ、黒人が白人警察官に虐待を受けて亡くなった映像が抗議運動を引き起こしました。  実は、今回の事件は、SNSが黒人差別の実態を「見える化」したとも言えるでしょう。アメリカでは毎年多くの黒人が警官に射殺されています。黒人を撃った白人警察官は「相手が襲ってきたから自分を守るために発砲した」と説明することが多く、「警察官の発言だから」と、警察官の言い分が通っていたことが多かったのですが、今回は第三者がスマホで撮影し、虐待の様子がネットで拡散したことで、白人警察官の行状が明らかになりました。 「黒人の命も大切だ」と多くの人が声を上げた理由がわかりますね。  今回は、抗議運動をしているのが黒人に限らないのが特徴です。集会に参加しているのは、黒人ばかりでなく白人やヒスパニック、アジア系などさまざまです。  黒人差別は、制度が変わっても続いていたのですが、ここへきて、ようやく人々の意識が変わってきたと言えるでしょう。 「ブラック・ライブズ・マター」の運動が広がると、トランプ大統領は、黒人差別の実態が続いているアメリカの体制を批判したり改革したりする気配を見せないまま、デモや集会に参加している人たちを「過激派だ」と根拠なく批判しています。  こんなトランプ大統領、再選は難しいように思えるかもしれません。しかし、ことはそう単純ではありません。  トランプ大統領の発言を聞いて、「大統領の発言だから」と信じる人が多いのもアメリカの特徴と言えるでしょう。差別反対を訴える人を批判する人たちが出て来て、アメリカの分断が一段と進んでしまいました。

 なぜ分断を進めるような大統領が選挙で当選したのかについては、先日出版した、『池上彰のまんがでわかる現代史 欧米』の漫画やコラムでご確認ください。これを読むと、大統領が分断を進めたとはいえ、そもそもアメリカ社会で分断が進んでいたからこそトランプ氏のような大統領が誕生したのだと見ることも可能でしょう。  さて、話を戻すと「ブラック・ライブズ・マター」運動について、トランプ大統領は「暴動はけしからん」と言い始め、「Law & Order(法と秩序)」という言葉を使い出しました。「Law & Order」って元々は、ニクソン大統領が使った言葉ですが、今ではアメリカのNBCテレビの人気刑事・法廷ドラマのタイトルとして有名です。トランプ大統領はそこから知ったんじゃないかというのは、単なる私のツッコミですが(笑)、トランプ大統領は、「法と秩序こそ大切なんだ」「法と秩序を守るのは俺なんだ」と言っているわけです。  今年の11月3日はアメリカ大統領選挙の日ですが、トランプ大統領の相手になるのが、民主党のバイデン候補。このバイデン候補について、トランプ大統領は「民主党は過激派に乗っ取られてしまって秩序を全く維持できなくなるんじゃないか」と言い出して、キャンペーンを始めました。  バイデン候補の支持率は変わっていませんが、トランプ大統領の支持率が今、じりじりと上がってきていて、このままいくとどうなるかわかりません。  バイデン陣営の副大統領候補は、カマラ・ハリスさんという黒人ですが、お父さんはジャマイカから来た人で、お母さんはインド人。奴隷の子孫ではないということで、意外に黒人からの支持が伸びていません。  さらにアメリカには「オクトーバー・サプライズ(October Surprise)」という言葉があります。直訳すると、「10月のびっくり」。前回の大統領選挙では、ヒラリー・クリントン候補が国務長官時代、自分のプライベートなアカウントを使ってメールのやりとりをしていたことが問題になりました。FBIの捜査はいったん終わったのですが、10月の下旬になって、「また新しい証拠が出てきたので、もう一度捜査します」ということになりました。

そのとき、私はアメリカにいたのですが、風向きが変わったのがわかりました。「やっぱり、ヒラリーは悪いことをしていたのか」というわけです。そのころ、日本のメディアから「やっぱり、ヒラリーで決まりですよね?」という連絡があると、「いやわかりません。どっちになるか本当にわからないんです」と答えていました。  今年の10月には何が起きるのか。トランプ大統領が狙っているのは、新型コロナウイルスのワクチンです。10月末までに何としても間に合わせようと、ものすごい圧力をかけています。  ワクチンは、できたとしても少しずつ試してみて、副作用がないか、本当に抗体ができるのか時間をかけて調べないといけないのですが、それをすっ飛ばして一気にやろうとしています。10月末から多くの人に打てるようにして、「俺の実績だ」ということにして勝とうとしているというわけです。  何となく「バイデンで決まりだろう」と思っている人が多いと思うのですが、そうとばかりは言えません。  9月末からは大統領候補同士、あるいは副大統領候補同士のディベートも始まります。そして、オクトーバー・サプライズはあるのか。10月はアメリカのニュースに注目しましょう。  アメリカは、日本にとって大事な友好国。なくてはならない国ですが、米軍の駐留経費問題ひとつとっても、日本にとって厄介な存在でもあるのです。大統領選の報道を見ながら、アメリカについて考えてもらえればと思います 【プロフィール】いけがみ・あきら(ジャーナリスト)/1950年長野生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年にNHK入局。報道局社会部記者などを経て、1994年4月から11年間にわたり『週刊こどもニュース』のお父さん役を務め、わかりやすい解説で人気を集める。2005年にNHKを退職し、フリージャーナリストに。名城大学教授、東京工業大学特命教授。愛知学院大学、立教大学、信州大学、日本大学、順天堂大学、東京大学、関西学院大学などでも講義する。主な著書に『伝える力』『知らないと恥をかく世界の大問題』など。近著に『池上彰の世界の見方 インド』『池上彰のまんがでわかる現代史 欧米』がある。



Comments