日語‎ > ‎社會‎ > ‎

老舗の大衆食堂100年で幕 食べ納めに地元客が殺到(2020年9月23日)



老舗の大衆食堂
100年で幕 
食べ納め
地元客が殺到
(2020年9月23日)


發布日期:2020年9月23日

地元の人たちに
愛された大衆食堂が
100年の歴史に
幕を下ろします。

 広島県福山市のアーケード街
きた長い列。
大正時代の1919年
創業とされる
大衆食堂「稲田屋」が
最終日を迎え、
集まったお客さんです。

開店と同時に
待ちわびた人たちが
続々と店内へ。
客のお目当ては、
牛肉や豚肉など
柔らかく
煮込んだ具材を
ご飯にのせた
「肉どんぶり」。

そして、
もう一つの看板メニューが
「関東煮」。
秘伝のタレで
ホルモンを甘辛く煮込み、
ほんのりとした甘さが
地元で
愛され続けてきました。


 100年続く伝統の味を守ってきた
5代目の稲田正憲さん。
29年前に
先代から
店を引き継いだそうです。
毎朝、
午前5時から
仕込みが始まります。
特に
こだわったのが
肉の鮮度でした。

 大正から令和まで
1世紀もの間
続いてきた稲田屋。
5代目の正憲さんは
味を追求し、
ようやく
納得できるものになった一方で、
長年の立ち仕事のため、
体の限界を感じていたそうです。

 さらに
追い打ちとなったのが
新型コロナウイルスの拡大。
他の飲食店
同様に
客足が途絶え、
業績は
急激に悪化しました。
思い悩んだ挙句、
のれんを下ろす
ことを決めたそうです。

 たくさんの地元の
人たちに惜しまれ、
最後は
肉どんぶりも、
かんとう煮も
品切れとなってしまいました。

[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp





老舗食堂「稲田屋」が今月閉店 
「福山のソウルフード」
関東煮など人気、知人継承へ


大正期から約100年続く
福山市船町の大衆食堂「稲田屋」が
23日昼の営業をもって
閉店することが5日、分かった。

稲田正憲社長(66)の
体調不良が理由で、
新型コロナウイルスの
影響による
客の減少が追い打ちとなった。
店名とメニューは
知人が引き継ぎ、
別の場所で再開するという。

 5代目稲田社長の曽祖父が
1919年ごろに
創業したと伝わる。
同市加茂町出身の井伏鱒二が
旧制中学時代に
訪れたという逸話が残る。
ホルモンを甘辛く煮込んだ
「関東煮」は
昭和初期からの看板メニュー。
牛肉と豚肉が載った
「肉丼」も人気で
「福山のソウルフード」と
呼ぶ人もいる。

 ただ、
長年の立ち仕事のため、
稲田社長はここ1年ほど
膝の関節痛に悩まされてきた。
新型コロナの感染拡大によって、
客は4月から
半減の状態が続く。
常連客たちが定年を迎え、
昼食や飲み会の利用が
減ったことも響いた。

 閉店を聞き付け、
味を引き継ぎたいと
希望する人も
既に複数いるという。
そのうち1人には
店名も譲る。
稲田社長は
「来年は
代替わり30年の節目だったので
残念だが、
もう体が限界。
熱意のある人に
伝統の味を引き継いでもらう」と
話した。(菅田直人)
Comments