日語‎ > ‎特集‎ > ‎

日本軍人を祭る飛虎将軍廟 地元関係者「精神を伝えたい」/台湾・台南

台南市の北西五キロの郊外に、今も日本からの参拝者が絶えない「鎮安堂飛虎将軍」がある。祭られているのは、太平洋戦争中台南上空の空中戦で、壮烈な戦死を遂げた大日本帝国海軍航空隊少尉r杉浦茂峰」(当時兵曹長)であるなぜ日本軍人が神として祭られ、「飛虎将軍」と尊称されているのか。その「秘話」は話は一九四四年十月十二日に遡る。太平洋戦争も末期に近く、アメリカ軍は、フィリピン攻略作戦の前哨戦として、台湾各地に空襲を行った。その日の午前七時十九分アメリカ軍が台南来襲、日本の「愛戦」はこれを迎撃、二十分には戦闘開始・日軍は勇戦に努めたが、数に勝るアメリカ機群に衆寡敵せず、一機又一機と撃墜されていった。中には体当りを敢行したのもあった。この空中戦を目撃した者の話に依れば、一機の零戦も敢闘よく敵を制したが、いつの間にか無念にも敵弾を受けて尾翼より発火し爆発が寸時に迫る危機に瀕した。飛行士は部落に目がけて急降下の最中、何気なく地上をみたら、何と下は「海尾寮」という大部落。ハッと身も凍る思いに襲われた。今飛び降りたら自分は助かるかも知れない。けども、何百戸という家屋は焼かれるだろう竹や木と土で造られた家屋は、一旦火が着くとすぐに焼かれるだろう。

び、落下傘は破れ、飛行士は高空から早いスピードで地面に叩き落ち、仰向けの状態で畑の中(飛虎将軍廟附近)に落ちて戦死した。軍靴には「杉浦」と書かれていた。其の後、元第二O一海軍航空隊分隊長、森山敏夫大尉の協力に依り、「杉浦茂峰」と判明した。終戦(1945年)後何年か経ち、部落の人が白い帽子を被り、白い服を着た人物が常に養殖池附付近を俳廻するのを目撃した。最初は闇夜に紛れ、魚を盗みに来た者と思い、追いかけていくが姿を消し、これは尋常な事でないと気付いた。その後、この怪奇現象を見た者が増え、ある者は、夢に出てきたと話し、この様な話が至る所で起こり、人々は恐怖に標いた。海尾朝皇宮の神「保生大帝」にお尋ねしたら戦時中の戦死者の亡霊だと言うことであった。その後、部落の人たちは、この亡霊は戦時中部落を戦火から救う為に、自分の身命を犠牲にした飛行士ではないかと判断し、部落の恩人に感謝の念を捧げる方式を討論し、台湾人が謝恩の最高な表現で、つまり桐を建てて、永久に海軍航空隊杉浦茂峰少尉の恩を顕彰することに決定した。1971年、桐が建設された。

初は小さい作らも(敷地は四坪程)部落の人々の尊崇を集め、毎日遠近から参拝者が多く、特に日本からの参詣者も年中絶えない。ー九九三年、朝皇宮管理委員会の提案で、四坪の小さい初を再建する事になる。多くの信者の協力によって再建された廟は敷地五十坪、台湾風のきらびやかな造り、朱色の屋根瓦、それを支える柱は大理石の豪華な物。大理石の壁には、有名な歴史物語の絵が彫られている。床もイタリヤ産の大理石。これらすべては、信者の奉献でした・大理石の柱には詩が刻まれ、その中の「正義」「護国」「英雄」忠義」「大義」は、全て「飛虎将軍」に対する崇敬と壮烈な戦死を讃えている。廟の正面には 『鎮安堂飛虎将軍」と書かれた額が掲げられてある。「鎮安」とは、邪気を鎮め民を安心させるの意味で、「飛虎」は戦闘機の意味、「将軍」は神として祭られる勇士の尊称である。正殿には本尊「杉浦茂峰」の神像、両側には分身二体が奉安されているが、これは無名の像ではなく、信者に請われば、本尊の代理として、短期間その家に迎奉され、お出ましになる。廟朝守は朝タ二回、煙草を三本点火して神像に捧げ、朝は日本国歌「君が代午後は軍歌「海ゆかば」を流す。供卓の両側には中華民国と日本の国旗が立ててある。本廟が朝皇宮保生大帝(海尾部落の守り神)に同属した後*管理委員会は廟の管理、及び台日交流、日本学術文化各界と台湾の橋渡しに貢献している。

(台北 12日 中央社)

盛夏を思わせる

太陽が照りつける

5月のある日、

日本軍人を神として

祭っていることで知られる

台南市安南区の飛虎将軍廟を訪れた。


台南市の中心部から

友人が運転する

スクーターに跨り約20分。

幹線道路から

脇にそれた

住宅街の中にたたずむ廟は、

一見すると

台湾各地にみられるものと

変わりはないが、

一礼して

中に入ると

目に飛び込んできたのは、

中華民国国旗に並んで

掲げられた日の丸だった。

住宅街の中にたたずむ飛虎将軍廟

住宅街の中にたたずむ飛虎将軍廟

第2次世界大戦中の1944年、

海軍航空隊の杉浦茂峰少尉

(当時は兵曹長)は、

台湾南部が

空襲を受けたため

零戦に乗り出撃。

米軍機との交戦の末

撃墜されるも、

必死に操縦かんを握り締め、

人家の密集する集落を避けて

畑や養殖池のある

場所へ墜落したとされる。

幸い地元住民への被害は

なかったが、

落下傘での

脱出を試みた杉浦少尉は、

その後

死亡が確認された。

凛々しさが感じられる神像

凛々しさが感じられる神像

廟は

墜落現場の南側にある。

地元住民が1971年に建立した。

神像は海軍の帽子を被る。

朝と夕方には

「君が代」と「海行かば」が流され、

杉浦少尉が

好きだったとされるタバコが

手向けられる。

普段の台湾の暮らしでは

感じられない不思議な雰囲気が漂うが、

近隣の人と思われる参拝客が

ひっきりなしに

訪れるのをみると、

それだけ地域に溶け込み、

親しまれているのが分かる。

祭壇の右手に中華民国国旗、左手に日の丸が掲げられている。

祭壇の右手に中華民国国旗、左手に日の丸が掲げられている。

建立当初は

日本文化に対する厳しい弾圧があり、

日本軍人を祭ることに

市が不快感を示したものの、

地元住民の努力で守り続けてきたと語るのは、

同廟顧問の郭秋燕さん。

今この廟を守るのは

日本統治時代を経験していない人ばかりだが、

「杉浦少尉の精神を伝えたいだけで、

日本とか台湾とか関係ない」と

笑う。

杉浦茂峰少尉の写真。日本語の略歴もある

杉浦茂峰少尉の写真。日本語の略歴もある

物語は

地元の安慶小学校でも

課外活動の一環として

語り継がれている。

顛末を分かりやすく

解説した漫画も教職員らの手作りだ。

最近では日本から

訪問する人も多くなり、

記帳ノートには

日本人の名前が連なる。

杉浦少尉の出身地である

茨城県水戸市の関係者も関心を示し、

今年9月には

神像が里帰りを果たすことも決まった。

ただ、

台湾の廟では

たくさんの神像が合祀されることもある中、

ここに祭られているのは、

特異な建立の経緯もあり

杉浦少尉ただ一人。

廟を守り、

語り継ぐ人がいなければ、

ここに誰が祭られ、

どんな歴史が

あったのか知る人がいなくなってしまう。

地元の人の努力に

感謝するとともに、

報道に携わる者として、

一人の日本人として

伝え続けなければいけないと

痛感し、

再訪を誓った。

(齊藤啓介)

1971年建立当時の廟

1971年建立当時の廟

台湾で神になった日本兵 夢のお告げで“里帰り”

台湾南部・台南市の飛虎将軍廟に祭られている杉浦茂峰兵曹長の写真(田中靖人撮影)台湾南部・台南市の飛虎将軍廟に祭られている杉浦茂峰兵曹長の写真(田中靖人撮影)

 【台南=田中靖人】

先の大戦末期に

台湾南部の台南市で戦死し、

現地で

神として祭られている

杉浦茂峰海軍兵曹長の神像が、

杉浦氏の出身地、

水戸市に“里帰り”することになり

21日、

台湾を出発した。

 戦死により

少尉に特進した

杉浦氏を祭る

「鎮安堂飛虎将軍廟(びょう)」の縁起などによると、

杉浦氏は

20歳だった

1944(昭和19)年10月、

来襲した米軍機を零戦で迎撃中に被弾。

集落への墜落を避けようと

機体を郊外に誘導したため

脱出が遅れ、

落下傘で降下中に

機銃掃射を受け戦死した。

 戦後、

地元の人々が

集落を守るために

命を落とした

杉浦氏を悼み、

落下地点に71年に

廟を建設。

「飛虎将軍」と呼び、

朝夕に「君が代」と「海ゆかば」の

演奏を流し弔っている。

 “里帰り”の計画は

今年春、

廟を訪れた日本人作家の夢枕で、

杉浦氏が

「水戸に帰りたい」と

話したことから

始まった。

廟が所属する寺院

「海尾朝皇宮」の管理委員会が

占いで

主神の「意志」を確認したところ、

その通りだとの

結果が出たという。

 杉浦氏の神像は、

軍刀を持って座った姿の

高さ30センチ程度の木像。

21日朝、

祭壇からケースに移され、

関係者約30人とともに

南部・高雄空港から

成田空港に向かった。

主神が廟の外に出るのは初めてで、

中華航空は

神像のために

座席の手配に応じた。

同日中に水戸市に到着、

22日に護国神社で

慰霊祭が行われる。

神像は再び

台湾に戻るが、

分祀(ぶんし)の計画もあるという。

 管理委員会の呉進池主任委員(60)は

21日朝、

「いつも厳粛な表情の飛虎将軍が、

今日はほほ笑んでいるようだ」と話した。

このニュースの写真

  • 台湾で神になった日本兵 夢のお告げで“里帰り”
Ċ
謝東森,
2020年9月28日 下午6:05
Comments