日語‎ > ‎物語‎ > ‎イソップ寓話集[catdaily]‎ > ‎

004狼と羊飼い

一匹の狼が
長い間
羊の群れの周りをうろついていました。
羊飼いは
その狼に
子羊をさらわれないように
とても
心配して見ていました。
しかし、
狼は
悪さをしようとしませんでした。
それどころか
羊飼いが
羊の世話をするのを手助けしているように見えました。
やがて
羊飼いは
その狼を見慣れてしまい、
どんなに悪くなれるものか
忘れてしまいました。

ある日、
羊飼いは
用事で出かける間、
群れを狼に任せておくことまでしました。
しかし、
戻ってみると、
どれだけ
多くの羊が殺され、さらわれたか
目にし、
狼を信用するなんて
どんなに
間抜けだったか思い知りました。

Once a wolf, always a wolf.
狼はいつまでたっても狼です
三つ子の魂百まで/
性格を変えることはできない)

日本には
「三つ子の魂百まで」
いうことわざがあります。 
三つ子とは
3歳の子どものことで、
3歳ごろまでに
形成された性格は
100歳まで
変わらない、
という意味を持つことわざです。
  • 攫う・掠う 
  • 【さらう】 【sarau】 ◎
  • 【他五】

  • (1)攫,夺取,抢走;拐走。〔うばいさる。〕
  •   金を攫う。/抢钱。
  •   犯人が子どもをさらって逃げた。/犯人把小孩儿拐走了。
  •   水泳中波にさらわれた。/游泳的时候被浪卷走了。
  •   とんびに油揚げをさらわれる。/遭到意外的损失而惊呆;到嘴的东西被抢走。

  • (2)拿走,取得,赢得。〔持ち去る。〕
  •   賞品を全部さらってしまった。/赢得了全部的奖品。
  •   彼が現れると、その場の人気をみんなさらってしまう。/他一出现,赢得了全场的好评〔成了全场最红的人〕。
  •   釜の底をさらう。/把锅底都端了。
  • それどころか 
  • 【それどころか】 【soredokoroka】 ③ 
  • 【副・接续】

  • 岂止如此;岂但那样;相反地,别说那个,那根本谈不到。(到底そんな生ぬるい事では収まらないという気持ちを表す。)
  •   「それを聞いてうれしかったかい」「それどころかまったくがっかりしたよ」。/知道了那件事你开心吗?恰恰相反真的好失望呀。
  • 慣れる 
  • 【なれる】 【nareru】 ② 
  • 【自下一】

  • (1)习惯,习以为常。(習慣。)
  •   パン食に慣れる。/习惯吃面包。
  •   なれない土地。/生疏的地方。
  •   いなかの風習に慣れる。/适应乡下的习惯。
  •   最初はうまくゆかなくてもしだいに慣れる。/一回生,二回熟。
  •   妻のぐちにはなれている。/妻子的牢骚,已经听惯了。

  • (2)熟练。(熟練する。)
  •   なれた人。/老手。
  •   なれない人。/生手。
  •   なれぬ手つき。/笨手笨脚。
  •   なれた手つき。/手的动作熟练。
  •   なれぬ仕事。/干不惯的工作。
  •   新しい仕事に慣れる。/适应新的工作。

  • (3)惯,合。(なじむ。)
  •   靴が足になれたから,もう山にのぼってもだいじょうぶだ。/鞋合脚了,爬山也不要紧了。
  •   筆で書き慣れる。/用毛笔写惯了。
  •   通いなれた道。/走惯了的路。
  • どれだけ 
  • 【どれだけ】 【doredake】 ◎ 
  • 【代】

  • (1)多少。(どれほど。)
  •   どれだけあげようか。/给您多少呢?
  •   みんなでどれだけになるか。/一共是多少?

  • (2)多么。(どんなに。)
  •   もし実現したらどれだけいいか分からない。/如果实现的话该多么好呀。
  •   君のことをどれだけ心配したことか。/多么替你担心的啊。
Comments