日語‎ > ‎物語‎ > ‎イソップ寓話集[catdaily]‎ > ‎

006孔雀と鶴

うぬぼれで
思いあがっている孔雀が、
ある日、
鶴に出会い、
いいところを見せようと
華やかな尻尾を太陽に広げました。

「ご覧」

孔雀は言いました。

「これに比べて
あんたには何があるの?
私は
素晴らしい虹の服をきているのよ、
でも
あなたの羽根は
灰色で埃みたいね!」

鶴は
大きい羽根を広げ、
太陽に向かって
飛び上がりました。

「できるなら、
ついて来いよ」

鶴は
言いました。
しかし、
孔雀は
納屋の前庭の鳥たちに混じって
その場所にいるだけでした。
一方、
鶴は
青空のはるかかなたに
自由に
舞い上がっていきました。

The useful is of much more importance and value, than the ornamental.
実用は装飾よりずっと大事で価値があります
  • 遥か 
  • 【はるか】 【haruka】 ① 
  • 【形動】【副】

  • 遥远,远远,远为(距離・時間の非常に隔たっているさま)。
  •   遥かな世界/遥远的世界。
  •   遥かに富士山を望む/遥望富士山。
  •   遥かかなたの山が雪を頂いている/远方的山上覆盖着白雪。
  •   遥かにつらなる綿畑/无垠的棉田。
  • 綿畑(読み)わたばたけ
  •   遥か先のことなど予見できない/无法预料遥远的将来。
  •   わたしの青年時代も遥か昔の思い出になった/我的青年时代也成了遥远往昔的回忆。
  •   ふたりの中では彼のほうが遥かに学力がすぐれている/两个人当中他的学力远比另一个强。
  •   この店のほうが遥かに安い/这个店的东西便宜得多。
  • 彼方 
  • 【かなた】 【kanata】 ① 
  • 【代】

  • 那方,那边。(遠く離れた方。)
  •   山の彼方。/山的那边。
  •   海の彼方に。/在海的彼岸;在海外。
  •   はるか彼方に見える山。/遥遥可见的远山。
  •   遠く彼方に。/遥远的彼岸;九霄云外。

Comments