日語‎ > ‎物語‎ > ‎イソップ寓話集[catdaily]‎ > ‎

014ガチョウと金の卵

昔、
ある田舎者がいました。
この男は
想像もできないほど
素晴らしいガチョウをもっていました。
というのは
毎日巣に行ってみると、
ガチョウは
美しくキラキラする
金の卵を産んでいたからです。

田舎者は
市場に卵を持って行き、
じきに
金持ちになり始めました。
しかし、
ほどなくして
男は
じれったくなりました
というのは
ガチョウは
一日にたった
一個の金の卵しか産まなかったからです。
男は
もっと早く
金持ちになりたいと思いました。

そこである日、
男は
お金を数え終わったあと、
ふと、
(ガチョウを殺して切り開いたら、
一度に
金の卵を全部とりだせるぞ)
思いました。

しかし、
やってみると、
金の卵は
一個も見つからず、
大事なガチョウは
死んでしまいました。

Those who have plenty want more and so lose all they have.
持てる者は欲をかき、元も子もなくします

Comments