日語‎ > ‎物語‎ > ‎イソップ寓話集‎ > ‎

008狼に追われた仔羊

狼と神殿に追い込んだ子羊

狼が子羊を追っていました。
子羊は神殿の中に逃げ込んだ。

狼は、
「そんなところにいて、
神官に見つかってみろ。
神様の生け贄に捧げられてしまうぞ。」
脅かして、
子羊を呼びだそうとしました。

すると、子羊は言いました。
「狼に食われるよりは、
神様の生け贄のほうにされるほうが、
よほどましというものです。」

追いつめられて、
死に臨んだ時、
名誉ある死を選ぶのがよい。
狼が仔羊を追いかけていて、仔羊は神殿に逃げ込みました。狼は境内から出てくるようにせきたてて言いました。

「もし出ないなら、神父がきっとお前を捕まえて、祭壇に生け贄に供えるぞ。」

それに対し、仔羊は答えました。

「有難う。僕は今のところにいることにするよ。狼に食われるよりいつでも生け贄になる方がましだ。」
イソップ童話概説261.狼と子羊

(原文ママ)

狼が仔羊(こひつじ)を追いかけていた。神殿に逃げこんだので、呼び出そうとして、神官に捕まったら神様への生贄(いけにえ)にされるぞ、と言うと、仔羊の答えるには、
「お前に殺されるくらいなら、神様の生贄になるほうがましだ」
死ぬと決まった人には名誉ある死に方の方が望ましい、ということをこの話は解き明かしている。

Comments